簿記講座の料金の相場と安くする方法

簿記講座の料金相場 資格講座

今回の記事では、簿記講座の料金相場と、簿記講座を安くする方法についてご紹介していきます。

3級受講から1級受講まで詳しく解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

  1. 簿記講座の料金相場
    1. 簿記3級講座の料金相場
    2. TACの簿記3級講座の料金相場:25,400円~40,000円
    3. 大原の簿記3級講座の料金相場:24,500円~31,500円
    4. LECの簿記3級講座の料金相場:14,850円~18,700円
    5. クレアールの簿記3級講座の料金相場:14,500円~14,800円
    6. フォーサイトの簿記3級講座の料金相場:9,800 円
    7. スタディングの簿記3級講座の料金相場:3,480円
    8. 簿記3級講座料金比較まとめ
  2. 簿記2級講座の料金相場
    1. TACの簿記2級講座の料金相場:71,000円~89,000円
    2. 大原の簿記2級講座の料金相場:65,300円~81,400円
    3. LECの簿記2級講座の料金相場:58,300円~61,600円
    4. クレアールの簿記2級講座の料金相場:45,000円~53,000円
    5. フォーサイトの簿記2級講座の料金相場:28,800 円
    6. スタディングの簿記2級講座の料金相場:¥17,980
    7. 簿記2級講座料金比較まとめ
    8. 簿記1級講座の料金相場
    9. TACの簿記1級講座の料金相場:165,000円~218,000円
    10. 大原の簿記1級講座の料金相場:124,700円~165,000円
    11. LECの簿記1級講座の料金相場:126,500円~148,500円
    12. クレアールの簿記1級講座の料金相場:132,000円~145,000円
    13. 簿記1級講座料金比較まとめ
  3. 簿記講座の料金を安くする方法
    1. Web通信講座を選ぶ
    2. 格安な講座や予備校を選ぶ
    3. 独学を軸に置き必要な講座のみを受講する
    4. 教育訓練給付制度を利用する
  4. 簿記試験の受験費用・概要
  5. まとめ

簿記講座の料金相場

まずは、簿記講座の料金相場について、受講する級に応じて、ご紹介をしていきます。

簿記3級講座の料金相場

簿記3級講座の料金相場

簿記3級は、簿記の初学者が受験する入門的な内容の試験です。合格率は30~55%程度。そのため、受講回数もそれほど多くならず、他の級と比べると割安で受講できます。

簿記3級試験講座の料金相場は、1万円から3万円程度となっています。

では、具体的に予備校別の料金相場を見てみましょう。

TACの簿記3級講座の料金相場:25,400円~40,000円

手広く資格を扱う大手予備校のTACの「3級合格本科生」コースの場合、Web通信講座の料金は25,400円となります。DVD通信講座の場合は40,000円となります。

 

TACの簿記3級講座の料金相場

(※TACの簿記3級講座より料金抜粋

早割期間中は5万円ほど料金が割安になりますので、受付期間内に申し込む方がお得になります。

TACは、通信受講の場合でも、ライブ講義を受講することができます。通信独学だけでは学習意欲が緩みがちになる方にはお勧めの制度です。

スマホやタブレットでも学習できますので、外出時の隙間時間も効率よく学習できます。

大原の簿記3級講座の料金相場:24,500円~31,500円

各種資格取得予備校大手の資格の大原では「3級合格コース」の場合、24,500円になります。「DVDフォロー(基礎講義DVD付)」の場合は31,500円になります。

大原の簿記3級講座の料金相場
(※大原の3級簿記講座より料金抜粋

大原でもキャンペーン期間中に申し込むとは600円ほど安くなります。また、大学生であれば、大学生協割も使えるので更なる割引が受けられるメリットがあります。

また、大原ではキャシュレス決済で支払うと5%の還元も受けられますので、支払方法によっては更なるお得感が受けられます。

LECの簿記3級講座の料金相場:14,850円~18,700円

さまざまな資格を取り扱う大手予備校のLECの「 3級パーフェクトパック」の場合、WEB通信テキストありで16,500円になります。

LECの簿記3級講座の料金相場

(※LECの簿記3級講座より料金抜粋

LECには25時間の受講で3000円のトライアル講座もありますので、まずはお試ししてからという方であれば、トライアル講座を受講するのもお勧めです。

クレアールの簿記3級講座の料金相場:14,500円~14,800円

教室を持たず、通信専門の予備校の場合は教室代などのコストが掛からないので大手より格安で受講できます。

クレアールの「3級講義パック」の場合、3月割価格なら10,005円(税込)で受講できます。

クレアールの簿記3級講座の料金相場

(※クレアールの簿記講座より料金抜粋

クレアールは通信講座専門ですので、教室を持たない分コストが掛からず講座も格安で提供できています。

また受験できなかったり、合格できなかった場合でも安心できる検定目標月プラス1年間保証制度を設けていますので、安心して受講することができます。

フォーサイトの簿記3級講座の料金相場:9,800 円

フォーサイトも教室を持たない、通信専門の予備校ですので格安で受講できます。

フォーサイトの「3級講義」の場合、3月割価格なら9,800円(税抜/送料別)で受講できます。

フォーサイトの簿記3級講座の料金相場

(※フォーサイトの簿記講座より料金抜粋

フォーサイトも通信講座専門ですので、教室を持たない分コストが掛からず講座も格安で提供できています。

またわからない事があった場合でも、メールで質問が出来安心して学習を進められます。

スタディングの簿記3級講座の料金相場:3,480円

スタディングも教室を持たない、通信専門の予備校ですので格安で受講できます。

スタディングの「簿記3級合格コース」の場合、3,480円(税抜)で受講できます。

スタディングの簿記3級講座の料金相場

(※スタディングの簿記講座より料金抜粋

スタンディングでは無料でお試しできる無料講座を実地してますので、どのような講座かお試しすることができます。

簿記3級講座料金比較まとめ

予備校/講座簿記3級講座料金相場各講座の特徴
TAC25,400円~40,000円初めて簿記を学習する方でも簿記の仕組みを理解できるよう、丁寧にしっかり学習を進めていきます。
大原24,500円~31,500円大原の合格コースなら、検定合格に必要なインプット・アウトプットがすべて含まれており、受講料も個別申込みや他のセット申込みよりお得
LEC14,850円~18,700円実力やライフスタイルに応じた、受講しやすい充実の講座を提供。トライアル講座あり。
クレアール14,500円~14,800円パソコン・タブレット・スマホで視聴可能なマルチデバイス対応でいつでもどこでも視聴可能!ただいま期間限定割引実施中。
フォーサイト9,800 円苦手分野を克服したい、得意分野をもっと伸ばしたいなど様々なニーズに合わせて単一で受講可能!
スタディング3,480円ビデオ講座やテキストは、わかりやすく作られていますので、初心者の人でも安心して学習ができる。無料の初回講座で今すぐお試し頂けます。

TACや資格の大原など、教室も持っている定評のある有名資格予備校の簿記3級講座は、25,000円程度受講費用がかかります。

他と比べると割高ですが…「講師は大丈夫だろうか」「授業は分かりやすいだろうか」といった心配が不要な安心料金を込みにした価格だと思うといいかもしれません。

クレアールやフォーサイトなど、Webでの受講がメインの通信予備校での簿記3級受講料金は、教室を持つ予備校と比べると10,000円から15,000円程度となっています。

簿記2級講座の料金相場

簿記2級講座の料金相場

次に簿記2級講座の料金相場についてご紹介します。

簿記2級は、簿記3級よりもさらに踏み込んだ内容となっており、合格率も10~45%程度と、グッと低くなる難関資格です。そのため、受講回数も多くなり、3級試験の講座と比べると高くなっています。

簿記2級講座の受講料相場は、3万円から9万円程度となっています。

教室を持っている大手予備校は8万~9万円程度。通信メインの予備校は、3万円から5万円程度の料金設定となっています。

では、具体的に予備校別の料金相場を見てみましょう。

TACの簿記2級講座の料金相場:71,000円~89,000円

手広く資格を扱う大手予備校のTACの「2級合格本科生」コースの場合、Web通信講座の料金は71,000円となります。DVD通信講座の場合は89,000円となります。

 


TACの簿記2級講座の料金相場

(※TACの簿記2級講座より料金抜粋

TACは、通信受講の場合でも、ライブ講義を受講することができます。通信独学だけでは学習意欲が緩みがちになる方にはお勧めの制度です。

スマホやタブレットでも学習できますので、外出時の隙間時間も効率よく学習できます。

大原の簿記2級講座の料金相場:65,300円~81,400円

各種資格取得予備校大手の資格の大原ではweb通信「2級合格コース」の場合、65,300円になります。「DVDフォロー(基礎講義DVD付)」の場合は81,400円になります。

 

 

大原の簿記2級講座の料金相場

(※大原の簿記講座より料金抜粋

大原でもキャンペーン期間中に申し込むとは3,200円ほど安くなります。

また、過去に大原講座(一般価格20,000円以上のものに限ります。)を受講された方であれば、新たに大原講座(割引対象コースに限ります。)をお申込みいただく場合に、受講料が3%割引になります。

LECの簿記2級講座の料金相場:58,300円~61,600円

さまざまな資格を取り扱う大手予備校のLECの「 2級パーフェクトパック」の場合、WEB通信テキストありで59,400円になります。

LECの簿記2級講座の料金相場

(※LECの簿記2級講座より料金抜粋

LECで受講すると1%のポイント還元も行っているので、他の講座を受講する場合にポイントで割引も受けることができます。

クレアールの簿記2級講座の料金相場:45,000円~53,000円

教室を持たず、通信専門の予備校の場合は教室代などのコストが掛からないので大手より格安で受講できます。

クレアールの「2級講義パック」の場合、3月割価格なら31,050円(税込)で受講できます。

クレアールの簿記2級講座の料金相場

(※クレアールの簿記講座より料金抜粋

クレアールは通信講座専門ですので、教室を持たない分コストが掛からず講座も格安で提供できています。

また受験できなかったり、合格できなかった場合でも安心できる検定目標月プラス1年間保証制度を設けていますので、安心して受講することができます。

フォーサイトの簿記2級講座の料金相場:28,800 円

フォーサイトも教室を持たない、通信専門の予備校ですので格安で受講できます。

フォーサイトの「2級講義」の場合、3月割価格なら28,800円(税抜/送料別)で受講できます。

 

フォーサイトの簿記2級講座の料金相場
(※フォーサイトの簿記講座より料金抜粋

フォーサイトも通信講座専門ですので、教室を持たない分コストが掛からず講座も格安で提供できています。

また簿記2級に合格すればAmazonギフト券を最⼤1500円分プレゼントの特典もあります。(※「道場破り®」上で挑戦状をご提出の上)

スタディングの簿記2級講座の料金相場:¥17,980

スタディングも教室を持たない、通信専門の予備校ですので格安で受講できます。

スタディングの「簿記2級合格コース」の場合、17,980円(税抜)で受講できます。

スタディングの簿記2級講座の料金相場

(※スタディングの簿記講座より料金抜粋

スタンディングでは無料でお試しできる無料講座を実地してますので、どのような講座かお試しすることができます。

簿記2級講座料金比較まとめ

予備校/講座簿記2級講座料金相場各講座の特徴
TAC71,000円~89,000円初めて簿記を学習する方でも簿記の仕組みを理解できるよう、丁寧にしっかり学習を進めていきます。
大原65,300円~81,400円大原の合格コースなら、検定合格に必要なインプット・アウトプットがすべて含まれており、受講料も個別申込みや他のセット申込みよりお得
LEC58,300円~61,600円実力やライフスタイルに応じた、受講しやすい充実の講座を提供。トライアル講座あり。
クレアール45,000円~53,000円パソコン・タブレット・スマホで視聴可能なマルチデバイス対応でいつでもどこでも視聴可能!ただいま期間限定割引実施中。
フォーサイト28,800 円苦手分野を克服したい、得意分野をもっと伸ばしたいなど様々なニーズに合わせて単一で受講可能!
スタディング17,980円ビデオ講座やテキストは、わかりやすく作られていますので、初心者の人でも安心して学習ができる。無料の初回講座で今すぐお試し頂けます。

TACや資格の大原など、教室も持っている定評のある有名資格予備校の簿記2級講座は、60,000円以上の受講費用がかかります。

他と比べると割高ですが…「講師は大丈夫だろうか」「授業は分かりやすいだろうか」といった心配が不要な安心料金を込みにした価格だと思うといいかもしれません。

クレアールやフォーサイトなど、Webでの受講がメインの通信予備校での簿記2級受講料金は、教室を持つ予備校と比べると17,980円から31,050円程度とかなり安くなっています。

簿記1級講座の料金相場

簿記1級講座の料金相場

簿記1級試験は、簿記試験の中でも最も難関になっています。税理士や会計士になるために必要な知識まで含めて問うため、合格率も、5~15%程度と、2級までと比べ物にならない低さとなっています。

簿記1級試験となりますと、教える側も相当の知識がなければ対応できなくなります。そのため、簿記2級や簿記3級の講座は取り扱っているけど、1級は取り扱っていないという資格予備校も数多くあります。簿記1級試験の講座を提供しているのは、限られた予備校だけなのです。

では、具体的に予備校別の料金相場を見てみましょう。

TACの簿記1級講座の料金相場:165,000円~218,000円

手広く資格を扱う大手予備校のTACの「1級合格本科生」コースの場合、Web通信講座の料金は165,000円となります。DVD通信講座の場合は218,000円となります。

 

 

 

(※TACの簿記1級講座より料金抜粋

TACは、通信受講の場合でも、ライブ講義を受講することができます。通信独学だけでは学習意欲が緩みがちになる方にはお勧めの制度です。

スマホやタブレットでも学習できますので、外出時の隙間時間も効率よく学習できます。

大原の簿記1級講座の料金相場:124,700円~165,000円

各種資格取得予備校大手の資格の大原では「1級合格コース」(Web通信)の場合、146,000円になります。「1級合格コース」(映像通学)の場合は178,700円になります。

 

大原の簿記1級講座の料金相場

(※大原の簿記1級講座より料金抜粋

大原では過去に一般価格60,000円以上の簿記2級受験対策商品(資料通信を除く)を受講された方(※1)が、受講終了後に再度同一級の受験対策講座(対象講座)ををお申込みいただく場合、受講料30%割引(※2)を受けることができます。

また、過去に大原講座(一般価格20,000円以上のものに限ります。)を受講された方であれば、新たに大原講座(割引対象コースに限ります。)をお申込みいただく場合に、受講料が3%割引になります。

LECの簿記1級講座の料金相場:126,500円~148,500円

さまざまな資格を取り扱う大手予備校のLECの「 1級パーフェクトパック」の場合、WEB通信テキストありで126,500円になります。

LECの簿記1級講座の料金相場

(※LECの簿記1級講座より料金抜粋

LECで受講すると1%のポイント還元も行っているので、他の講座を受講する場合にポイントで割引も受けることができます。

クレアールの簿記1級講座の料金相場:132,000円~145,000円

教室を持たず、通信専門の予備校の場合は教室代などのコストが掛からないので大手より格安で受講できます。

クレアールの「1級講義パック」(WEB通信)の場合、4月5日まで申し込めば91,080円(税込)で受講できます。

クレアールの簿記1級講座の料金相場

(※クレアールの簿記1級講座より料金抜粋

クレアールは通信講座専門ですので、教室を持たない分コストが掛からず講座も格安で提供できています。

また受験できなかったり、合格できなかった場合でも安心できる検定目標月プラス1年間保証制度を設けていますので、安心して受講することができます。

簿記1級講座料金比較まとめ

予備校/講座簿記1級講座料金相場各講座の特徴
TAC165,000円~218,000円初めて簿記を学習する方でも簿記の仕組みを理解できるよう、丁寧にしっかり学習を進めていきます。
大原124,700円~165,000円大原の合格コースなら、検定合格に必要なインプット・アウトプットがすべて含まれており、受講料も個別申込みや他のセット申込みよりお得
LEC126,500円~170,500円実力やライフスタイルに応じた、受講しやすい充実の講座を提供。トライアル講座あり。
クレアール132,000円~145,000円パソコン・タブレット・スマホで視聴可能なマルチデバイス対応でいつでもどこでも視聴可能!ただいま期間限定割引実施中。

簿記1級の試験範囲は膨大ですので、受講回数も多くなり、受講料金も高くなります。TACは、12万円から25万円程度。資格の大原も、12万円から20万円程度となっています。LECは12万円から17万円程度です。

簿記講座の料金を安くする方法

簿記講座の料金を安くする方法

簿記講座を少しでも安く受講するためにはどうすればいいのでしょうか。安くする方法がいくつかありますので、順にご紹介いたします。

Web通信講座を選ぶ

まずは、受講形態を安めのものにするという方法です。

教室に通うよりも、通信で受講する方が安く済ませることができるのです。ただし、DVDで在宅受講すると教室受講よりも割高になってしまうので注意が必要です。ネット経由で受講するWeb受講が一番割安です。

格安な講座や予備校を選ぶ

料金相場をご紹介する際にも触れましたが、簿記試験の受講代金は、予備校によって大きく料金設定が異なっています。

具体的には、教室を持っているTACや資格の大原・LECなどよりも、フォーサイトやクレアールの方が安く済ませることができるのです。

また、同じ予備校でも、受講プランによって料金設定が異なっています。自分に必要なプランだけを受講することで安くすることができるのです。

独学を軸に置き必要な講座のみを受講する

受講の料金を最も安く済ませる方法は、独学を軸に勉強していくという方法です。

簿記3級や2級合格のための参考書・問題集は、全国各地の書店で売られています。これらの教材を使って、基本的に自分で勉強していくのです。

そして、どうしても理解できない場合や、直前模試などだけを予備校に頼るのです。

一番お金がかからない方法ですが、勉強のペースがつかみづらく、分からない部分は分からないままになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

教育訓練給付制度を利用する

雇用保険に加入している期間が1年以上ある社会人の方は、「教育訓練給付金」という制度を利用することができます。

これは、教育や訓練を受けるための費用を少し保険でカバーしてもらうことができるという制度です。

出席率80%以上で、模試の正答率が60%以上など、一定の条件を満たすと受給できます。

教育訓練給付金を受給できた場合、入会金や受講料などの20%が戻ってきます。

簿記試験の受験費用・概要

簿記試験の受験費用・概要

簿記試験の受験概要、受験料、日程、科目等については東京商工会議所検定試験情報のページに記載されています。(東京都23区内及び横浜市内での試験における日程です。それ以外の方は最寄りの商工会議所で直接お問い合わせください。)

申込登録期間 4月14日(火)10:00
~5月1日(金)18:00
払込締切 5月10日(日)
受験票発送日 6月1日(月)
試験時間(制限時間) 1級 3時間 (集合時間 9:00)
2級 2時間 (集合時間 13:30)
3級 2時間 (集合時間 9:00)
受験料 1級 7,850円
2級 4,720円
3級 2,850円
持ち物 受験票
筆記用具(HBまたはBの黒鉛筆・シャープペンシル、消しゴムのみ)
電卓(関数電卓・プログラム機能は除く)またはそろばん
※プリンター内蔵、メロディー音の出るもの、携帯コンピュータ(電子手帳を含む)、携帯電話等は使用できません。
身分証明書(運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カード、個人番号カード、学生証、社員証など、原則として、第三者機関発行で氏名・生年月日・顔写真が揃って確認できるもの。 ※ただし、電子媒体やコピーは不可)

東京商工会議所検定試験情報より引用

試験から合格までの流れとして、
簿記試験の申し込みが4月14日(火)~5月1日。受験料支払い締め切りが5月10日までです。

受験票発送日が6月1日です。

試験日は6月14日(日)です。

合格発表(WEB成績票照会期間)が2・3級で7月3日、1級が8月3日になります。

合格証発送が2・3級で7月17日、1級が8月7日です。

詳しくは東京商工会議所検定試験情報または最寄りの商工会議所で確認するようにしてください。

 

まとめ

以上、簿記講座の料金相場と、料金を少しでも安くする方法について紹介してきました。

どの予備校を使うかによっても大きく料金が異なってくるのですね。独学をメインにすることで、料金を最低限に済ませることもできます。

この記事がみなさまの講座選びの参考になったのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました