ドライヤーの価格相場と選び方

家電

ドライヤーはお風呂上りなどに髪を乾かしたり、髪型をセットしたりする際に使う日用品です。ドライヤーを新しく買おうと思っている方は、ドライヤーの価格や選び方が気になることでしょう。

そこで今回の記事では、ドライヤーの価格相場と選び方について紹介していきます。幅広く紹介していますので、ぜひ最後までお読みいただきドライヤー選びの参考としてみてください。

ドライヤーの価格相場:1,000円~50,000円

ドライヤーといっても、1,000円前後の安物から、50,000円を越えるような高級品までさまざまな種類があります。

売れ筋の商品にも価格の幅があるため、「相場はいくらだ」と断言できないのが現状ですが、5,000円~1万円台の人気のものを選んでおけばハズすことはありません。

以下、具体的に値段帯ごとのオススメ商品を紹介していきます。

コスパ重視の5000円以下のドライヤー

安いドライヤーでも、最近はマイナスイオンなど最低限の機能を搭載しているものが揃っています。5,000円以下でも、それなりに機能性がある商品があるのです。

パナソニック・イオニティ:2,500~5,000円

5,000円以下のモデルで人気なのが、パナソニックの「イオニティ」です。パナソニックでお馴染みのナノイー機能はついていませんが、髪をさらっとしあげるマイナスイオン機能がついています。

イオニティの中でも中価格に該当するEH-NE5Bは、最も人気のモデルとなっています。風速は1.9m3/分と、非常に強く、早く髪を乾かしたい人にも向いています。

速乾ノズルをつかえば、さらに風量を上げることもできます。安くでもパワフルなのがイオニティの魅力だと言えるでしょう。EH-NE5BのAmazonでの販売価格は、3,500円程度となっています。

パナソニックのイオニティの料金
(※Amazonより、イオニティの料金抜粋)

ちなみに、イオニティにもいくつかのモデルがあり、風量が少し落ちる2,500円程度のEH-NE4Aや、最上位モデルのEH-NE6Bなども人気となっています。

パナソニック・ターボドライ:1,200円程度

低価格のドライヤーとして、パナソニックのターボドライ(EH5101P)は、Amazonのランキングに載るほどの人気を博しています。

マイナスイオンなどの機能はついていませんし、風量は1.1m3/分と弱めなのであまり強くありません。

とにかく使えればいいという方にオススメのドライヤーとなります。

パナソニックのドライヤーターボドライの料金
(※パナソニック・ターボドライの料金抜粋)

バランスの良い1万円台のドライヤー

機能もコスパも重視したいという方は、1万円台のドライヤーを選ぶのをおすすめします。

1万円台になってくると、機能もいろいろついていますし、手が出せないほどの高級品でもありませんし、コストと機能のバランスが良くなるのが特徴です。

パナソニック・ナノケア:15,800円程度

ドライヤーの中でも最も人気となっているシリーズが、パナソニックの「ナノケア」です。

EH-NA9Bは、アマゾンで16,500円で入手できるナノケアのミドルモデルです。パナソニック独自のイオン・「ナノイー」とダブルミネラル機能がついていますので、髪に配慮しながら髪を乾かすことができます。枝毛の発生が気になる方などにオススメのシリーズです。

風速は1.3m3/分とそこまで強くはありません。

パナソニックのナノケア料金抜粋
(※パナソニックのドライヤーEH-NA9Bの料金抜粋)

ちなみに、ナノケアで最も人気となっているモデルは「EH-NA0B」で、26,100円程度となっています。従来よりも多くのナノイーを放出できるのが特徴です。

パナソニックのドライヤーEH-NA0Bの料金
(※パナソニックのドライヤーEH-NA0Bの料金抜粋)

テスコム・Nobby:15,000円程度

テスコムが販売しているNobby・NIB3000は、15,000円前後で購入できるドライヤーです。

業務用ドライヤーで使われているファンやモーターを採用することで、美容室・サロンで乾かしてもらったかのような仕上がりが可能となっています。

マイナスイオンだけでなくプラスイオンも放出し、静電気が抑えらえれますので、髪が広がることなく痛みも少なく乾かすことができます。

テスコムのドライヤーNobbyの料金
(※テスコムのドライヤーNobbyの料金抜粋)

機能で妥協しない数万円の高級ドライヤー

数万円の金額を出すと、機能面で充実しているハイテクなドライヤーを入手することができます。

2万円台から5万円台まで機能・メーカーによってさまざまな種類がある値段帯ですが、中でも注目したいドライヤーを紹介していきます。

ダイソンのSupersonic Ionic:49,500円程度

ダイソンのスーパーソニック・イオニックは、50,000円前後の価格のドライヤーです。

モーターがハンドル部分に設置されており、ドライヤー部分は空洞になっている特殊な形をしてます。デザイン性が高いのがウリです。

2.4m3/分もの風量を誇っており、他社のドライヤーを圧倒しています。

髪を傷めないように温度を常に測定しており、髪に優しく乾かすことが可能です。マイナスイオン機能ももちろん備わっています。

ダイソンのスーパーソニックイオニック
(※ダイソンのスーパーソニックイオニックの料金抜粋)

シャープのbeaute A:25,000円程度

SHARPの「beaute A」IB-WX1は、Amazonで28,800円程度で購入できるドライヤーです。

シャープ独自の技術であるプラズマクラスターを放出できるドライヤーで、髪の毛をいたわりながら乾かすことができます。

風量は1.1m3/分と少な目となっていますが、2つの噴出し口から風が出るので速乾性は他のドライヤーに負けていません。

SHARPのドライヤーbeaute Aの料金
(※SHARPのbeaute Aの料金抜粋)

ドライヤーの選び方

以上、ドライヤーの価格相場について紹介してきましたが、具体的にどのように選べばいいのでしょうか。以下、ドライヤーの選び方のポイント・コツを紹介していきます。

マイナスイオンの機能で選ぶ

髪の毛にはプラスイオンが帯電しており、これにより髪のパサつきなどが生じてしまいます。そこで、マイナスイオンを出すドライヤーを使用することで、中和され髪の毛にツヤが出るのです。

安いドライヤーでもマイナスイオン機能がついているものが増えていますので、ドライヤーを選ぶ際にはマイナスイオン機能の有無を確認するようにしましょう。

パナソニックならナノイー、シャープならプラズマクラスターなど、独自のイオンを放出するドライヤーもありますので、イオンの種類にも注目してみましょう。

風量で選ぶ

ドライヤーは製品によって風量が異なってきますので、選ぶ際に注目したい点です。

風量の単位は「m3/s」で、数字が大きければ大きいほど風量が強くなります。

1.3~1.9ほどあれば十分に乾かす力があります。ただ、シャープのbeaty Aのように、風量が小さくても速乾性がある仕様になっている場合もありますので注意が必要です。

ドライヤーの価格相場と選び方まとめ

以上、ドライヤーの価格相場と選び方について紹介してきました。

ドライヤーは5000円以下のコスパがいいものから、50,000円ほどする高級品まで、さまざまな種類があります。1,000~50,000円と、相場観が掴みづらくなっていますが、5000~1万円台のものを選べばはずしません。

ドライヤーを選ぶ際には、マイナスイオン機能や風量についてチェックするようにしましょう。

いかがだったでしょうか。
ドライヤー選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました