学資保険の料金相場と選び方

保険

学資保険とは、子供の教育資金を準備するための保険です。もしも貯める途中で契約者(親御さん)が亡くなった場合には、残りの保険料金の払込みは免除となります。子供の教育資金を計画的かつ着実に貯めるために有効な手段が、学資保険なのです。

この記事では、学資保険の料金相場や、選び方について紹介・解説していきます。ぜひ最後までお読みください。

学資保険の料金相場

ソニー生命の「子どもの教育資金に関する調査2018」によると、子供の進学費用のための備えとしての支出の平均額は、月額15,437円となっています。

学資保険の場合、保険料金は1万円~2万円ほどが相場とされており、上記調査結果とだいたい合致します。

学資保険の保険料金が2万円程度の場合、貯めることができる学資金は300万円程度になります。200万円を貯める場合には、1万~15,000円程度が相場となります。

受取金額200万円で十分なのかどうか

学資保険の満期金(受取金額)を200万円としている親御さんが多いのが実情ですが、果たして200万円という額は妥当なのでしょうか。

受験に関する費用や、大学の入学金や初期費用(引越など)を払うには、200万円あれば十分事足ります。しかし、大学を卒業するまでの資金としては200万円では心もとなく、授業料や生活費をまかなうために別途奨学金を借りたり、バイトをしてもらったりする必要があります。

子供に奨学金やバイトなしで学業に専念してもらいたい場合には、学資保険の受取金額を300万~400万円程度に設定すると確実です。

ただし、私立大学や医学部・歯学部などの場合、400万円でも大学卒業までの費用としては不十分です。国公立の場合、178万円で大学進学の入学費用や初年度の授業料をまかなえますが、私立大学の場合255万円(文系)~267万円(理系)の費用が必要となります。

200万円という金額は、国公立大学に子供を受験・進学させた場合の、最初の1年の費用をまかなえるだけの金額だ、ということは頭に入れておきましょう。生命保険文化センターの調査結果によると、大学受験から入学までに必要な費用は、自宅通学の場合154万円、自宅外の通学の場合、216万円となっています。


(※生命保険文化センターよりかかる費用抜粋)

学資保険で200万円貯めるためには

学資保険を活用し、子供の進学資金を200万円積み立てるためには、お子さんが0歳~2歳までの間に学資保険に加入して、毎月1万円を保険料として支払う必要があります。300万円の場合には、同時期に積立てを始めて1万5000円程度を支払うこととなります。

幼稚園・保育園から義務教育までも、お子さんの教育費用は発生するので、学資保険とは別の教育資金の支出も必要となります。家計に無理のない範囲で大学進学費用を積み立てるためには、やはり月々1万円程度の支出がちょうどいいのでしょう。

学資保険と銀行預金どっちがいいのか

子供の学費を貯める方法として、学資保険に加入する方法と、毎月銀行に預金をして積み立てる方法とがあります。どちらがいいのでしょうか。

銀行預金ですと、毎月自分で溜めなければならないので、出費が多い月などに積立てをストップしてしまうことが発生してしまいます。また、親御さんが亡くなるなどもしもの場合には、銀行預金では積立てができなくなってしまいます。

学資保険でしたら、保険料金として毎月確実に支払えますし、親御さんが死亡した場合には残りの積立て料金は免除となります。確実さや安心感では、やはり学資保険を利用した方が有利なのです。

学資保険の選び方

以上、学資保険の費用相場について紹介してきました。以下では、学資保険の選び方のコツ・ポイントについて紹介していきます。ぜひ学資保険選びの参考にしてみてください。

学資保険に加入する目的を明らかにする

学資保険には、大きく分けて3つの性質があります。
1.子供の額資金を貯めるためのもの
2.親御さんが亡くなった場合の保障
3.子供が病気やケガをした場合の保障

学資保険の目的の大多数は、子供の学資金を貯めることですから、返戻率がどれくらいになっているのかに注目して探す必要があります。

もしも親御さんが死亡してしまったときの保障に関しては、学資保険でなくても生命保険で代替することは可能です。死亡保障をつけると返戻率が下がってしまうので、留意するようにしましょう。

子供が病気やケガなどをしてしまった際の保障に関しては、医療保険でも代替することができます。医療保障を学資保険につけると、やはり返戻率が下がってしまう点には注意が必要です。

学資保険にどのような目的で加入するのかを明らかにし、保険商品を選んでいくのがポイントとなります。

保険商品の返戻率や満期・払込み期間に注目する

学資保険を選ぶ際には、以下の3点に注目して選ぶようにしましょう。
1.返戻金がどれくらいで、どれくらいの貯蓄性をもっている保険なのか
2.満期がいつで、満期金はどれくらいになっているのか
3.保険料の支払いはいつまでに設定されているのか

1.返戻率について

学資保険は、種類や特約などに応じて、返戻率が違ってきます。かけた保険料に対していくらの学資金(保険金)が返ってくるのかが、保険商品によって異なっているのです。返戻率が高くなればなるほど、コストパフォーマンスが良くなります。

中には、返戻率が100%を超えている商品もありますので、とにかく貯蓄をしたいという場合にはそういう商品を選ぶのも1つの手です。ただし、返戻率が高い商品の場合、死亡保障などの特約はついていないのが通常です。返戻率さえ良ければ良いというものでもないので、特約とのバランスを見ながら選ぶといいでしょう。

2.満期と満期金について

学資保険では、満期になったときに保険金を受け取ることができます。

子供の学費が最も高くなるのは通常、大学受験~大学進学の歳ですので、18歳あたりを満期に設定しておくようにするといいでしょう。高校から私立とする場合、15歳を満期に設定するのも手です。

満期金については、大学受験・進学のとりあえずの初期費用として必要な額は200万円程度とされています。しかし、これは最低限の金額です。学資保険の満期金だけで、各種費用をまかないたい場合、満期金を300万円や400万円に設定しておくと安心です。

3.払込み期間について

学資保険の大半は、満期と払込期間が合致しています。保険料の払い込みが終わると同時に、契約が満期を迎える、というパターンが大半なのです。

しかし、満期よりも前に保険料を払い込む短期払いというケースもあります。この場合、月々の負担が大きくなる分、返戻率がより高くなります。資金に余裕がある場合には、短期払いを選択してもいいでしょう。

学資保険の料金相場と選び方まとめ

以上、学資保険の費用相場や、選び方のポイントについて紹介してきました。

学資保険の費用は、毎月1万円~2万円程度支払うのが相場となっています。毎月1万円の掛け金で200万円を貯めようとする方が多くなっているのです。

学資保険の選び方は、学資保険をかける目的を明らかにすることが大事でした。変捩率や満期・支払期間に注目し、慎重に選んでいくのが選び方のポイントです。

いかがだったでしょうか。
お子さんの大学進学のための学資保険選びの参考になったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました