秘書検定の講座の料金相場と安くする方法

資格講座

秘書検定試験とは、秘書に求められるビジネスマナーなどに習熟しているかどうかを試す試験です。社会人なら誰でも備えておくべき基本的な事柄を問うので、秘書になりたい方以外の社会人にもピッタリの試験です。

秘書検定には、3級・2級・準1級・1級の4つの資格があります。3級・2級までは学科試験のみですが、準1級からは面接試験も実施され、難易度が急激にあがります。

この記事では、秘書検定の講座の料金がどれくらいするのかについてまとめ、さらにその費用を安くする方法も紹介していきます。

秘書検定の料金相場

秘書検定の講座は、目指す級によって料金が異なっています。準1級や1級には対応していないスクールもありますし、逆に2級や3級に対応していない学校もあります。

以下では、秘書検定の受験料と秘書検定講座の料金についてまとめて紹介します。

秘書検定の受験料金

秘書検定の受験料金は、級によって異なっています。級があがるごとに受験料も増えるのです。

具体的には、3級試験は2,800円、2級は4,100円、準1級は5,300円、1級は6,500円となっています。資格試験としては比較的安い料金となっていますので、もし落ちても気軽に再受験ができるのが特徴です。

秘書検定は受験資格に制限はなく、年齢・性別などを問わず誰でも受験することができます。

プロカレッジ:26,400円~27,500円

産業能率大学総合研究所のプロカレッジの秘書検定 通信講座は、3級から1級まで4つの級に対応した講座を開いています。

費用は3級の場合26,400円。2級なら27,500円。準1級が27,500円。1級は27,500円となっています。2級~1級が同じ値段で済むのが特徴となっています。

プロカレッジは、講義はついておらず、書籍と添削課題で学習していくこととなります。講義が欲しい方には向いていないので気をつけるようにしましょう。


(プロカレッジ 秘書検定1級受験受講料抜粋)

ユーキャン:35,000円

さまざまな資格を取り扱っているユーキャンの秘書検定取得講座の場合、35,000円(一括払の場合)で講座を受けることができます。

3級・2級・準1級の知識をまとめて身に着けることができる教材となっているので、準1級レベルまで挑戦したい方にピッタリです。1級は対応していないので、1級を目指す方には不向きの講座です。

ユーキャンは講義動画などはついておらず、メインテキスト2冊・問題演習ブック3冊などを軸に学習を進めていきます。準1級の面接対策のためのDVDがついているので、面接試験もバッチリ対応しています。

早稲田ワーキングスクール:41,760円

通学して受講するタイプのスクール・早稲田ワーキングスクールの場合、2級・3級の筆記試験向けの講座は41,760円となっています。

1級の面接講座も実施されており、26,000円で受講することができます。スクーリングでの指導ですので、実際の面接を意識しながら学習することができるのが利点ですね。

ただし、早稲田ワーキングスクールは東京での通学講座ですので、他の地域に住んでいる方には適していないのがデメリットです。

日建学院:25,000円

日建学院では、3級・2級・準1級向けのWebコースが、25,000円で受講できます。

早稲田ワーキングスクールと共同開発した講座で、教材や講義には安心感があります。早稲田ワーキングスクールに通えない方は、日建学院のコースを受講するといいでしょう。

資格の大原:29,600円

さまざまな資格で定評がある大手予備校の「資格の大原」の場合、29,600円で3級・2級・準1級向けの学習コースを受講することができます。

3級から準1級までの学習範囲がテキスト1冊に収まっており、オリジナル問題集や模試などもついてきます。また、Web動画で講義も受けることができるので、紙教材での勉強が苦手な方にもオススメできます。

ヒューマンアカデミーたのまな:13,200円

ヒューマンアカデミーの通信講座「たのまな」では、わずか13200円で「秘書検定+ビジネスマナー講座」を受講することができます。

この講座では、秘書検定3級・2級と、ビジネスマナー検定3級・2級の範囲を同時に学習することができます。秘書検定の類似資格・ビジネスマナー検定も受験してみたい方にぴったりのコースとなっています。

通信制の講座だと、勉強のペースを掴めずうまく学習を進められないこともあります。しかし、「たのまな」では9回もの添削を受けることができるので、通信講座でも安心して学習を進めることができます。

【秘書検定講座の料金相場】
プロカレッジ:26,400円~27,500円
ユーキャン:35,000円
早稲田ワーキングスクール:41,760円
日建学院:25,000円
資格の大原:29,600円
ヒューマンアカデミーたのまな:13,200円
相場:2万円~3万円程度

秘書検定の講座を安くする方法

以上、秘書検定の講座の相場について紹介してきました。では、これらの費用を安く抑える方法はないのでしょうか。以下、秘書検定講座の料金を安くする方法について紹介します。

無料の講義を活用する

Livoo!では、10時間分の講義を無料で視聴することができます。3分で完了する会員登録をするだけで、無料の授業を受けることができるのです。

有料の講義を受ける前に、無料講義を受けて実力を養うといいでしょう。秘書検定の範囲はそこまで広くありませんので、10時間の講義でも十分カヴァーすることができます。

ただし、平成26年までの法改正に対応した講義ですので、情報がやや古い可能性もあります。最新版のテキストと共に受講することをおすすめします。テキストは、書店で市販されているものを利用するといいでしょう。

独学で勉強してみる

費用を安く抑えたい方は、まず市販の書籍・問題集を使って独学にチャレンジしてみるといいでしょう。

秘書検定には、一般の書店で売られている市販のテキストなどがあります。これらを使い、口座に頼らずに独学で勉強をするのも一つの方法です。1級の面接試験対策は独学では難しいですが、準1級までの範囲でしたら独学でも十分突破可能です。

教育訓練給付金は対応講座がほとんどない

資格スクールを利用して学習する場合、教育訓練給付金という制度で受講料金の20%が戻ってくる制度を活用できます。これは雇用保険法で定められている給付金です。

しかし、秘書検定の場合、講座の料金が安いこともあって、教育訓練給付金の対象となっている講座はほとんどありません。ユーキャンや資格の大原などでも教育訓練給付金の対象外となっています。その他の料金の高い講座を受講する場合、教育訓練給付金の対象となっているのかどうかを確認しておくといいでしょう。

秘書検定の講座の料金相場と安くする方法まとめ

以上、秘書検定の講座の料金相場と、それを安くする方法についてまとめて紹介してきました。

3級・2級・準1級をまとめて学習できるコースの場合、3万円程度が相場です。1級を学習できるコースは少ないですが、プロカレッジなら27,500円で受講することができます。

秘書検定の受講費用を安く抑えたい場合、無料の講義サービスを利用したり、独学で勉強したりする方法があります。教育訓練給付金は使えない場合がほとんどです。

いかがだったでしょうか。
秘書検定の講座選びの参考になったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました