インテリアコーディネーターの講座の料金相場と安くする方法

資格講座

インテリアコーディネーターは、インテリアに関するプロフェッショナルです。インテリアや住宅などに関するさまざまな知識を持ち、家具や照明等をプロデュースする専門職です。

この記事では、インテリアコーディネーター試験の講座を受講しようとしている方向けに、講座の料金相場や費用を安くする方法について解説していきます。

インテリアコーディネーターの料金

以下では、インテリアコーディネーター試験に関する料金・費用について紹介していきます。受験料や、講座受講のための費用などをご紹介します。

インテリアコーディネーターの受験料など

インテリアコーディネーターの受験料は、少し特殊な設定となっています。同一年度に一次試験と二次試験を受験したい場合、14,850円が受験料としてかかります。

一次試験のみを受験する場合、11,550円かかります。この方式を申し込んだ場合、一次試験に合格してもその年の二次試験は受験することができません。二次試験までの一発合格を目指している方は、14,850円のコースを申し込むと良いでしょう。

過去3年に一次試験に合格していると、二次試験を受験することができます。一次試験に前年度などに合格しており免除されていて二次試験だけを受験する場合には、11,550円の費用がかかります。

インテリアコーディネーター試験は、公益社団法人インテリア産業協会が実施している民間資格です。国家資格でない点には留意しておくといいでしょう。

受験資格は設けられておらず、誰でも受験することができます。

1次試験は10月に実施され、マークシートによる択一試験となっています。二次試験は、12月に実施され、記述式の論文試験とプレゼンテーション試験からなっています。

インテリアコーディネーターの講座の料金相場

次に、インテリアコーディネーター試験の講座の料金相場についてまとめて紹介していって、相場を明らかにしていきます。比較的料金が安い講座と、高額になる講座とがあるので注意するようにしましょう。

ユーキャンの場合:59,000円

多様な資格を扱う資格スクールのユーキャンの場合、一括払で59,000円で受講することができます。分割払いの場合、3980円の15回払いで、総計59,700円となります。

メインテキスト3冊に加え、写真資料集や問題集、重要ポイント集など、さまざまな教材が送られてきます。10回の添削課題もついてきます。

ユーキャンの場合、紙教材のみで送られてきて学習するタイプで、講義はついてきません。講義付きの講座がいい場合、ユーキャン以外を選ぶようにしましょう。

ハウジングエージェンシーの場合:53,000円

インテリアコーディネーター専門校のハウジングエージェンシーの場合、53,000円で「1次・2次試験コース」を受講することができます。1次コースは40,000円、2次コースは45,000円ですので、1次2次のセットコースを選んだ方がお得となります。

1次対策テキストに加え、2次のプレゼンテーションに対応した教材など、充実した教材がウリの講座です。基本は紙教材での学習ですが、2次試験対策のためのDVDによる映像講義もついてくるのが特徴です。

質問はメールで24時間受け付けており、何回でも質問することができるので、疑問点が出てきても簡単に解消することができます。

さらに、就職サポートも用意されており、合格後の就職活動も有利に進めることができます。

プロカレッジの場合:47,300円

社会人教育に定評のあるプロカレッジの場合、47,300円で受講することができます。

標準学習期間は7ヶ月ですが、14か月在籍してサポートを受けることができます。添削が7回ついているのも魅力の1つです。

電子書籍版のテキスト「eText」もついているので、スマホなどで出先で簡単に学習することができます。

紙教材が基本の講座のため、講義はついていませんので注意が必要です。

日建学院の場合:330,000円

講義付きの講座を受講したい場合、日建学院がオススメです。日建学院では、「1次本科Webコース」が250,000円、「2次試験対策Webコース」が80,000円、合計330,000円となります。

他の講座と比べると高めの料金設定となっていますが、ポイントを理解しやすい映像講義がついてくるのが特徴です。合格実績に定評のあるHIPSと提携している講義ですので、HIPSの専門講師がポイントを分かりやすく解説してくれます。

テキストで予習し、映像講義で学習し、過去問題集で確認をし、見直しをするというサイクルで学習することで、合格に至る実力を着実に身に着けることができます。

HIPSの場合:375,000円

インテリアスクールHIPS(ヒップス)では、375,000円で「1次・2次対策本講座コース」を受講することができます。

紹介してきた講座と比べるとかなり高価なプラン・コースですが、HIPSはインテリアコーディネーターの合格実績ナンバーワンの定評のあるスクールです。どうしても合格したい場合、HIPSを選んでおけば間違いないでしょう。

【安価なコース】
ユーキャン:59,000円
ハウジングエージェンシー:53,000円
プロカレッジ:47,300円
安い講座の相場:5万円
【講義付きの高価なコース】
日建学院:330,000円
HIPS:375,000円
高価な講座の相場:35万円

インテリアコーディネーターの費用を安くする方法

以上、インテリアコーディネーターの講座の料金相場について紹介してきました。これらの料金を安く済ませる方法について以下解説していきます。

独学を軸にして勉強する

インテリアコーディネーター試験、特に1次試験はマークシート形式ですので、出る範囲さえ押さえれば十分合格することができます。そこで、講座を受講しないで、独学で市販のテキスト・問題集で学習することも可能です。

2次試験については、独学のみでの突破はなかなか難しいですが、独学で突破不可能とまでは言えません。独学に自信がある方は、まずは市販のテキストで勉強してみるといいでしょう。

無料の問題サービスを利用する

WEB上にはインテリアコーディネーターの○×問題を無料で解けるサービスがあります。過去問を網羅しているようなサービスではなく、実力を試せる程度の簡単なサービスですが、せっかく無料で利用できるので活用しない手はありません。

なお、インテリアコーディネーター試験については、無料で観られる動画などのサービスはありません。講義を見たい場合には、高価なコースを受講するしかないのです。

教育訓練給付金を活用する

労働者として働いている方は、雇用保険の制度・教育訓練給付金を利用することができます。この制度を利用することで、受講料金の20%(最大10万円)を受給することができるのです。

ただし、講座が教育訓練給付金に対応している必要があります。対応しているかどうか必ず講座を選ぶ前に確認するようにしましょう。

インテリアコーディネーターの講座の料金相場と安くする方法まとめ

以上、インテリアコーディネーターの講座の料金相場と、費用を安くする方法について紹介してきました。

講義がついていない安い講座の場合の相場は5万円ほど。講義がついている本格的なコースの場合35万円ほどが相場となっています。

安くする方法として、独学を軸に勉強する方法や、無料の問題サービスを利用する方法、教育訓練給付金を活用する方法などがあります。

いかがだったでしょうか。
インテリアコーディネーターの講座選びの参考になったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました