神棚の料金相場と神具などの祀り方

終活

神棚は、神道における祭壇で、八百万の神様をお祀りしている場所です。棚板の上に、お宮や各種神具を置き、日々のお祈りの場とするのです。

神棚をこれから設置しようと思っている方は、神棚の料金がどれくらいするのか気になることでしょう。この記事では、神棚の料金相場について紹介していきます。また、神棚にお供えするための神具の種類についても紹介しますので、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

神棚の費用相場

神棚は、土台となる板(神棚板)の上に、お札を入れるお宮を置いて、神具を置くことで完成します。以下では、神棚の価格相場について紹介していきます。

神棚は、神棚板からお宮・神具までのセットで1万円~5万円程度の価格が相場となっています。

神棚板:2,000~10,000円程度

神棚の棚板は、神棚を載せるための板です。神道では頭より高い位置に神棚を置いた方が良いとされているので、神棚板を高めの位置に設置し、土台を作ります。

神棚板の通販では、2000~10,000円程度で売ってあります。

ただし、ひのきの上質な木材を用いてる場合などには、神棚板だけで3万円程度かかることもあります。神棚板の料金には幅がありますので、予算に応じて購入し、設置するようにしましょう。

神棚の棚板は、単なる土台ですのでDIYで自作しても問題ありません。自作の場合、神棚が落ちてしまうことのないように、しっかりと取りつけるようにしましょう。


(※楽天市場より料金抜粋)

お宮 一社宮:2000~8000円 三社宮:10000円~20,000円

神棚の中核となるのが、お札を納めるための「お宮」(宮型)です。

お宮・宮型には、扉が1つの一社宮と、扉が3つの三社宮の2種類があります。

一社宮であっても、複数のお札を納めることができるようになっていますので、伊勢神宮のお札から個人的に崇敬している神社のお札まできちんと収納できます。一社宮と三社宮との違いは、収納できるお札の枚数ではなく、見た目の違いがあるだけです。一社宮だからダメということはありませんので、好みや予算に応じて選ぶといいでしょう。

一社宮の通販での料金は、2,000~8,000円程度となっています。造りがシンプルな分、三社宮よりも安く済ませられるのが特徴です。また、スリムな形をしているので、神棚のスペースがあまり広くない場合にも対応できます。もちろん、ひのきを用いるなどし5万円近くするような高級品もあります。スペースは広くとれないけど、お宮の質にはこだわりたいという方は、高級な品を選ぶといいでしょう。


(※楽天市場より一社宮の料金抜粋)

三社宮の通販での費用は、10,000円~20,000円程度が料金相場です。3社宮の場合、細かな造りにこだわっているものもあるので、30,000円以上する高価なお宮も存在しています。中には数十万円するようなお宮もあります。一社宮と比べると、料金が高く、横幅があるのでスペースをとります。ただし、見た目は荘厳なので、3社宮を好まれる方も多くいらっしゃいます。


(※楽天市場より三社宮の料金抜粋)

神具:1,300円~10,000円

神棚にまつる神具(仏壇における仏具に相当するもの)には、さまざまな種類があります。神具セットの通販では、1,300円~10,000円程度が相場となっています。

神棚では、神さまへのお供えものとして、米・塩・水・お酒・榊(さかき)をお供えします。ですから、神具の中でも、お供え物を入れるための神具は最低限揃えておく必要があります。お供えもののための神具は、セットで1,300円程度でも売ってありますので、比較的安くでそろえることができます。

お供えのための神具には、以下のようなものがあります。
お皿:お米とお塩を載せる神具です。
水玉:お水をお供えする神具です。
瓶子(へいじ):お酒をお供えするための神具です。徳利と呼ばれることもあります。
榊立:神聖な植物・榊を祀るための神具です。

神鏡は、太陽の象徴でもある天照大神の依り代となる神具です。神具の中でも中央に設置することが多いです。天照大神さまのご威光を授かりたい方は、お供え用の神具に加えて神鏡も購入しておくといいでしょう。神鏡の料金相場は、1,000円~10,000円となっています。

この他、米や塩・水をまとめて飾るための三宝や八足台、神域をつくるための真榊(まさかき)、灯籠などが神具としてあります。これらは必須ではないので、好みに応じて購入するようにするといいでしょう。神棚において大事なのは、神具の種類の多さではなく、きちんとお供え物をあげているかどうかです。上述しましたように、お供え物に関する神具だけは取り揃えておくようにしましょう。


(※楽天市場より神具の料金抜粋)

神棚板:2,000~10,000円程度
一社宮:2000~8000円
三社宮:10000円~20,000円
神具:1,300円~10,000円神棚の相場:1~5万円程度

神具やお札の祀り方について

神具やお札などは、祀り方に決まりがあります。以下では、神具・お札などの祀り方について解説していきます。

お札の祀り方

お札には、大きく分けて3つの種類があります。
1.伊勢神宮のお札である「神宮大麻」
2.地元の神社のお札:氏神神社のお札
3.個人的に崇拝している神社のお札:崇敬神社のお札

1~3までは、この通りの順番で重要視されます。神宮大麻が最も上位となり、次いで氏神神社のお札、崇敬神社のお札、という序列となっているのです。お札は、お宮(宮型)の中に入れてから、お祀りします。

一社宮では、この順番にのっとり、手前から順番に重ねていきます。最も手前が神宮大麻で、最も奥が崇敬神社となります。三社宮では、真ん中に神宮大麻をかざり、上手(向かって右側)に氏神神社のお札、下手(向かって左側)に崇敬神社のお札をまつるようにします。

神道では、日本ではなじみのある上手・下手(かみて・しもて)の概念にのっとって飾りつけをしていくのです。

神具の祀り方

次に神具の祀り方について紹介します。重視しているものほど中央により、お札と同様に上手・下手の概念もあるので気を付けるようにしましょう。

最も中央に置かれる神具は、神さまの依り代となる神鏡です。お供えものは、「米・お酒・塩・水」の順番で大事にされています。お米をのせた皿は中央に配置し、その両脇に瓶子に入れたお酒を並べます。

そして、上手(向かって右)にお塩を載せた皿を置き、下手(向かって左)にお水を入れた水玉を置きます。榊は、神さまの世界と人間の世界を区別する神聖な植物ですので、神棚の境界となる両脇に設置するようにします。

神具・お供え物の置き方は、向かって左から順番に「榊、水、酒、米、酒、塩、榊」となるように並べるのです。水と塩の位置は間違えやすいので、気を付けるようにしましょう。

神棚の料金相場と神具などの祀り方まとめ

以上、神棚の料金相場と、神具などの祀り方について紹介してきました。

神棚の相場は、神具まで一式そろえて1万円~5万円程度です。一社宮とするか三社宮とするか、神具をどこまで揃えるかによって料金は大きく異なってきます。

神具やお札には置き方に決まりがあります。上手と下手の区別があるので、左右を間違えないようにしましょう。

いかがだったでしょうか。
神棚をこれから購入しようとなさっている方の参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました