結婚式の料金相場と式場の選び方と安くする方法

恋愛・出会い

結婚式は人生最大のイベントといっても過言ではないでしょう。結婚を検討している方は、結婚式に関する費用がどれくらいかかるのかが気になると思います。

そこで、今回の記事では、結婚式にかかる費用の相場を紹介していきます。

結婚式場の選び方や、結婚式費用を安くする方法についても紹介していきますので、結婚を検討されている方はぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

結婚式の費用:300万~400万円

結婚式の費用相場はどれくらいなのでしょうか。規模によってもかなりの幅がありますが、基本的には300万円~400万円はかかることを覚悟しておく必要があります。

以下、いくつかのアンケートを紹介して相場を明らかにしていきたいと思います。

ゲストを何人呼ぶかによって費用に差が出てくるので注意する必要があります。

ゼクシィの調査:357万円

ゼクシィの調査によると、結婚式にかかる費用の平均は357万5000円となっています。

ゼクシィの調査では、婚約や指輪・新婚旅行などの費用も含めて、結婚にかかる費用は466万6千円だとまとめられています。結婚式以外にもさまざまな費用がかかるので、結婚にはかなりの費用がかかるのですね。

ゼクシィの結婚にかかる費用調査結果
(※ゼクシィの結婚にかかる費用調査結果抜粋)

ハナユメ調査:250~450万円

ハナユメによると、結婚式の費用は250万円~450万円程度となっています。

みんなのウェディング調査:316万円

みんなのウェディングのアンケートによると、結婚式にかかる費用総額の平均は316万円となっています。

最終的な自己負担金を把握しよう:50万~150万円が相場

みんなのウェディングのアンケートでは、費用からご祝儀分を差し引いた自己負担金の相場についても紹介しています。自己負担金の相場は117万円となっています。300万円や400万円の額をすべて準備する必要はないのですね。

みんなのウェディング料金相場
(※みんなのウェディングより料金相場抜粋)

ご祝儀の相場はゲスト1人につき3万円となっていますので、「結婚式費用-(呼んだゲストの数×3万円)」で、最終的な自己負担額を計算することができます。

では、ゲストを多く呼べば呼ぶほどお金を安くすることができるのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、実際にはそうはいきません。

結婚式の費用・料金は、ゲストを何人呼ぶのかによって決まっています。そして、ゲスト1人あたり4万円~5万円ほどが費用としてかかります。呼べば呼ぶほど、自己負担額は逆に高くなっていくのが一般的なのです。

ちなみに、ハナユメの調査結果によると、自己負担金の平均は50万円~150万円ほどとなっています。ゲストを何人呼ぶかなどによって、自己負担金は大きく変わってきますので、料金の幅が広くなるのですね。

親御さんの支援:66.1%が受ける

ハナユメの調査によると、66.1%のカップルが親御さんからの支援を受けています。3組に2組が親御さんから、お金を支援してもらっているのですね。

支援の額はさまざまですが、ご祝儀と親御さんからの支援だけで結婚式の費用をまかなえるほどの支援を受けている方もいらっしゃいます。

これから結婚式を検討している方は、親御さんから支援を受けられるのかどうかを明らかにしておくようにするといいでしょう。

【結婚式の費用相場】
相場:300万円~400万円
ゼクシィの調査:357万円
ハナユメ調査:250~450万円自己負担金の平均:50万~150万円
親御さんの支援:66.1%が受ける

結婚式場の選び方

予算を決めた後は、結婚式場を探していく必要があります。以下では、結婚式場の選び方について解説していきます。

結婚式場の選び方の順番

結婚式場を探し始めて、実際に式場が決定するまでには、どのような手続の流れとなるのでしょうか。

まず、理想の結婚式を思い描くことからはじめます。理想のイメージや雰囲気などがないと始まりません。

次に、イメージに沿った式場をチョイスしていきます。気になるところがあったのであれば、実際に見学に行きます。3~4件ほど見学して見積りを出してもらっておくと、最終決定のときの参考となります。

そして、見学した式場をそれぞれ比較して、アクセスはどうなのか、チャペルの雰囲気は良いかどうか、などを具体的に検討していきます。

そして、最終決定となります。

理想のイメージを決め、それに合った式場を探し見学し、比較検討するという流れで決めていくのですね。

見積りサービス・比較紹介サービスを活用する

結婚式場は全国に多数存在しています。1件1件を探して回るのは大変です。そこで、一括見積り結果などを出してくれる比較紹介サービスを活用するのがオススメです。

ウェディングパークの公式見積りサービスでは、エリアや人数を入力するだけで結婚式場の公式見積りを紹介してくれます。

ウェディングパークの一括見積りサービス
(※ウェディングパークの一括見積りサービス抜粋)

こだわりのポイントを明確にする

結婚式場選びでは、自身の理想を前もって明らかにしておくことが大切です。

「神社で式をあげたい」「お色直しは5回以上」「気に入った雰囲気のチャペルがいい」など、何があっても譲れないこだわりのポイントを明らかにしておくと、見学や見積りの中でブレずに式場選びをすることができます。

結婚式を安くする方法

以上、結婚式の費用相場と結婚式場の選び方について紹介してきました。少しでも費用を安くしたいという場合、どうすればいいのでしょうか。以下、結婚式を安くする方法について紹介していきます。

お得なプランがないかどうか確かめる

結婚式場は、各種の特典やプランを提供しています。中には、結婚式の費用が安くなる特別のプランなどもありますので、費用を安くおさえたい方は、式場にお得なプランがないかどうかを確かめてみるといいでしょう。

安い時期を選ぶ

結婚式の費用は、時期やお日柄によっても変わってきます。たとえば、6月のジューンブライドは人気ですし、大安の日も人気が集中します。

お日柄などにこだわらない方は、安い時期・お日柄を狙っていくと、それだけでだいぶん費用を抑えることができます。

初回見積りからの金額アップにご注意

ゼクシィの調査によると、初回の見積りから、最終見積りまでに金額がアップしたカップルは全体の77.6%にも及びます。

漠然としたプランから、具体的なプランへと見積りを重ねるごとに、要望・希望が多くなっていくのです。「あれもこれもやりたい」となり、見積りの金額がどんどん膨れ上がっていくのですね。

最初から具体的なイメージを掴むのは難しいですし、初回見積りから金額アップすること自体は悪いことではありませんが、予算オーバーにならないようにだけ気を付けるようにしましょう。

安く済ませたいのであれば、初回見積りからあまり金額がアップしないように気を付ける必要があります。呼ぶ人数や、プランの詳細など、欲張らずにスリムに決定をしていくことが大切です。

結婚式の料金相場と式場の選び方と安くする方法まとめ

以上、結婚式の費用の相場と、結婚式場の選び方、安くする方法について紹介してきました。

結婚式の費用の相場は、300万円~400万円程度でした。ご祝儀額を差し引いた最終自己負担金は50万円~150万円が相場です。

式場を選ぶ際には、複数の見積りを取ったり、こだわりのポイントを持っておくなどのポイントがあります。

結婚式の費用を安くすませたい方は、お得なプランがないかどうか確認する、お日柄にこだわらない、初回見積りから料金があがりすぎないようにする、などの方法があります。

いかがだったでしょうか。
結婚式を検討している方の参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました