キッチンのリフォームの料金相場と業者の選び方

リフォーム

お料理は日々行うもの。台所をキレイにリフォームしたいと考えている方は多いことでしょう。

この記事では、キッチンのリフォームを検討している方のために、料金・費用の相場と、業者の選び方・安くする方法について紹介していきます。

キッチンのリフォームの料金相場:100万円~300万円

キッチンのリフォームは、希望する規模によってかかる費用が大きく異なってきます。

安いシステムキッチンですと、40万円前後でリフォームできることもあります。また、キッチンを大規模に改修する場合には500万円近くかかることもあります。

事例によって異なるキッチンリフォームの費用ですが、ホームプロによると100万円~150万円が中心価格帯となります。

キッチンのリフォームの価格相場・ホームプロより抜粋
(※キッチンのリフォームの価格相場・ホームプロより抜粋)

リフォームを行っているメーカーのパナソニックによると、一番多い価格帯は150万円~300万円だとしています。有名メーカーに依頼するとリフォーム相場はやや高くなるのですね。

キッチンのリフォーム相場・パナソニックより抜粋
(※キッチンのリフォーム相場・パナソニックより抜粋)

これらのデータより、キッチンのリフォームの相場は100万円~300万円程度だと言うことができそうです。

キッチンリフォームの具体的事例

キッチンのリフォームでは、安いものから高いものまで様々なケースが考えられます。

以下では、具体的な事例を紹介し、キッチンのリフォームの料金について説明していきます。

生活堂でシエラを選んだ場合:393,000円

格安でリフォームを取り扱っている「生活堂」の場合、LIXILのシエラを選べば393,000円でリフォームすることができます。工事費込みで50万円切るリフォームをすることも可能なのです。

シエラは、シンプルながらもスッキリとしているシステムキッチンです。

シエラ以外の場合、「ラクシーナ」が490,000円、「ラクエラ」が400,000円などと、格安のシステムキッチンラインナップが充実しているのが生活堂の魅力です。

生活堂でキッチンリフォームをした場合(シエラ)
(※生活堂でキッチンリフォームをした場合(シエラ))

suumoでビルトインシステムキッチンを一新させる場合;55万円

住まいに関することを幅広く取り扱っているsuumoによると、同じ位置・サイズのキッチンへのリフォーム費用は55万3000円となります。

同じサイズですと、床や壁などの工事がほとんど必要ないので安い料金で済ませることができます。

スーモでシステムキッチンを入れ替えた場合の料金抜粋
(※スーモでシステムキッチンを入れ替えた場合の料金抜粋)

リノコで対面キッチンにした場合:860,000円

幅広いリフォームを扱っているリノコの場合、対面式キッチンに86万円でリフォームすることができた事例があります。

壁を撤去しクロスを貼り換えても100万円かからない場合があるのです。

リノコでのリフォーム料金抜粋
(※リノコでのリフォーム料金抜粋)

価格.comで対面キッチンにした場合:155万円

さまざまなリフォームの仲介を行っている価格コムの場合、対面式のキッチンにリフォームすると155万円がかかります。

部屋の内装を伴う工事であっても、100万円台でおさめることができるのです。

価格コムで対面キッチンへリフォームした場合の料金抜粋
(※価格コムで対面キッチンへリフォームした場合の料金抜粋)

パナソニックでLDK改築をした場合:710万円

キッチンのユニットを替えるだけでなく、リビングダイニングキッチンまで改築すると数百万円の費用がかかります。

たとえば、パナソニックでL字型キッチンにし、ダイニングとの間の壁を取り除くなどの工事をした場合、710万円の費用がかかります。

部屋の構造を変えるような大規模なリフォームの場合、500万円を超える額となることもあるのです。

パナソニックでLDK改築をした場合の料金抜粋
(※パナソニックでLDK改築をした場合の料金抜粋)

事例まとめ

以上、具体的な事例を5件ほど紹介してきました。何をどのように改装するのか、事例によって金額に大きな幅が出ることが分かったかと思います。

事例 料金
生活堂でシエラ 393,000円
suumoでビルトインキッチン入替え 55万円
リノコで対面キッチンに 860,000円
価格.comで対面キッチンに 1,550,000円
パナソニックでLDK改装 7,100,000円

キッチンリフォームの業者の選び方

キッチンリフォームを扱う業者は数多く存在しています。どの業者を選ぶべきなのか、業者の選び方について解説していきます。

一括見積りサービスを活用する

インターネット上には、リフォーム会社を紹介するサイトが存在しています。ホームプロのような無料で希望に沿うリフォームを行ってくれる業者を探すことができるサービスです。一括見積りをまとめて取ることができるので、業者探しの手間が大きく省けます。同じような工事であっても業者によって料金が異なるので、複数の業者から見積りを取るようにするといいでしょう。

サービスがすでに会社を厳選してくれているので、悪徳業者にひっかかる可能性が低くなるのも魅力の一つです。

ホームプロより抜粋
(※ホームプロより抜粋)

ホームプロ以外にも、リフォーム評価ナビのようなサイトもあります。キッチンリフォームは高額となることも多い大規模リフォームですから、複数のサービスで見積りを取るようにするといいでしょう。

口コミ等をチェックする

リフォーム業界には様々な業者が参入しています。中にはあまり評判が良くない業者や、料金を不当に上乗せしたり手抜き工事をしたりする悪徳業者も紛れ込んでいます。

ホームプロのような信頼できる仲介サイトを使えば、ある程度悪徳業者に引っかかる可能性は排除できますが、念のためそれぞれの業者の口コミもネット上で検索してチェックするようにするといいでしょう。口コミはホームプロや、リフォーム評価ナビなどで探すことができます。

口コミの他には、業者の業績や運営会社の詳細などもチェックすべきポイントです。会社の詳細が分からないような場合には、避けるようにしましょう。

一緒にプランを考えてくれる会社を選ぶ

キッチンのリフォームは、何をどう改修するかによって大きく費用が変わってきます。自分好みのキッチンにするためには、キッチン選びが大事になってきます。

良いリフォーム会社は、依頼主の要望に沿うようなキッチンを一緒に丁寧に探してくれます。

一方的にプランを決めてしまうような会社ですと、後悔するようなリフォームとなってしまいかねません。共にプランを考えてくれるような親切な業者を選ぶようにしましょう。

キッチンリフォームを安くする方法

キッチンのリフォームを安くするためにはどうすればいいのでしょうか。費用を安く抑えるためのコツについて紹介していきます。

見積りを比較する

リフォーム料金は業者によって変わってきますので、キッチンのリフォームをする際には必ず複数の業者から見積りを取るようにしましょう。ホームプロリフォーム評価ナビなどが一括見積りできるサイトです。

見積りからの追加料金が発生しないかどうかなどにも気を付けながら業者を選ぶのがコツです。

余計なオプションをつけない

キッチンには様々な機能や仕組みが搭載されています。リフォーム費用を抑えたい場合には、余計なオプション・機能をつけないようにするのがポイントとなります。

たとえば、食器洗いは自分でやるという方には、食器洗い機は不要となります。リフォマによると、ビルトイン食器洗い乾燥機をつけないことで51,400円安くすることができます。

1人暮らしの場合などには、調理スペースはそう広くなくてもいいという場合もあるでしょう。自分が使う機能に絞ったリフォームにするのが安くするコツです。

改修の規模を少なくする

キッチンリフォームは、部屋の間仕切りを変更するような工事となると高額となります。壁や床などの工事が最小限になるようにすると、工事費用も安く抑えられます。

キッチンのリフォームの料金相場と業者の選び方と安くする方法まとめ

以上、キッチンリフォームについてご紹介してきました。

キッチンのリフォームの相場は、100万~300万円程度となっています。改修の規模によって額が大きく変わってくるのが特徴です。

業者を選ぶ際には、悪徳業者に依頼してしまわないように気をつけつつ、一括見積りサービスを活用するといいでしょう。

費用を安くするためには、見積りをしっかりと比較し、オプションや改修規模を最小限にしましょう。

いかがだったでしょうか。この記事がキッチンリフォームを検討している方の参考となったのであれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました