新入社員スーツの価格相場と選び方

ビジネスマナー

新入社員・新人の方は、スーツを新調しなければならない、と忙しい気持ちを持っているかと思います。しかし、スーツに慣れていないので、相場や選び方なども分からず、困っている方も多いことでしょう。

そこで、この記事では、新入社員向けのスーツの価格相場や、選び方についてまとめて紹介してまいります。ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

新入社員スーツの価格相場 2~3万円

新入社員スーツの価格・料金はどれくらいのものが選ばれるのが相場なのでしょうか。以下では、新入社員のスーツの価格相場について紹介していきます。

一般的には、新入社員のスーツは2~3万円程度のものが選ばれることが多いです。スーツは消耗品ですので、新人の最初から高い物にチャレンジする必要はなく、身の丈に合った無難なものを選べばよいのです。

高級なスーツにチャレンジしたいという場合、最初に買ったスーツがくたびれてきた買換えのタイミングなどで挑戦するといいでしょう。

ちなみに、スーツの色は濃紺色(ネイビー)が一般的ですが、グレーに挑戦する場合には3万円以上するスーツを選ぶようにしましょう。グレーはネイビーと違って、値段によって見栄えが大きく変わってくるからです。

以下、よく選ばれているスーツ屋さんごとの料金相場を具体的に紹介していきます。

洋服の青山

老舗・定番のスーツ屋として知られる洋服の青山のスーツの場合、28,000円程度が平均相場となっています。

新入社員に向いているのは、「PERSON’Sシリーズ」です。若々しくアクティブなビジネスマンに向けたスーツのシリーズで、着心地も良いと定評があります。このシリーズは店頭価格は29,000円程度となっていますが、WEB価格ですと26,000円程度にまで下がります。


(※洋服の青山より、PERSON’Sシリーズ料金抜粋)

AOKI

紳士服業界第2位として輝いているAOKI(アオキ)のスーツの場合、平均予算は青山と同様28,000円程度となっています。

AOKIのスーツの中で、特に新入社員にオススメなのが、丸ごと自宅で丸洗いできる「洗えるスーツ(ウォッシャブルスーツ)」です。値段は19,000円からとお求めやすい金額になっているのが特徴です。少ないスーツで着回すことが多く、アクティブさが求められる新入社員にはピッタリの商品となっています。


(※AOKIより料金抜粋)

新入社員のスーツの選び方

続いて新入社員のスーツの選び方です。

男性、女性別に分けてご紹介いたします。

新入社員スーツの色の選び方(男性編)

新入社員の方がスーツ選びでまず悩む点は、色を何色にすればいいのかという点でしょう。

一番無難なのは青色系の定番色である濃紺色(ネイビー)です。ビジネスシーンで最も使われている色で無難ですし、変に目立つこともありません。青色系は、誠実さや真面目さを印象付けられますし、フレッシュさをアピールできる色でもあるので、新入社員にはぴったりなのです。

ただし、濃紺色(ネイビー)にも、明るい色調から暗い色調までさまざまな色合いがあります。暗めのカラーを選ぶ方が無難ですが、具体的にどのような色調が似合うかについては、スーツ屋さんと相談しながら決めるようにしましょう。

濃紺ばかりではなく少し変化が欲しいという場合には、グレーをチョイスするといいでしょう。中でもチャコールグレーはおすすめです。落ち着いた雰囲気のダーク系スーツは、新入社員であっても「デキる」イメージを与えてくれます。「大人っぽく見せたい」と思っている童顔の方などは、チャコールグレーのスーツを選ぶようにするといいでしょう。

グレーの場合にも、色合い・生地の種類などに幅がありますので、スーツ屋さんで慎重に話合いながら決めていくといいでしょう。

濃紺・グレーいずれの場合にも、柄なしの無地を選んでおくと無難です。少しチャレンジしてみたい方は、ストライプの入ったものを選んでもいいですが、ストライプの幅が1センチを超えるような強調しすぎるものを着ると、上司などからにらまれてしまう場合もあります。あまり強調しすぎない幅の狭いストライプの柄を選ぶようにしましょう。

新入社員スーツの選び方(女性編)

ビジネススーツの選び方で、男性と女性との決定的な違いはなんでしょうか。それは、女性の場合には、スーツの上下を別々に着回しをするということです。上下セットのスーツとしても、上だけの単品としても着回しできそうな無難なものをチョイスするのがコツとなります。

女性用スーツの色は、黒・濃紺色・チャコールグレー・ミディアムグレーの中から選ぶようにしましょう。男性同様に、暗めの色のスーツを選ぶようにするのがコツです。鮮やかなライトグレーなど、明るすぎる目立つような色は避けるようにしましょう。最初のうちは「地味かな」と思うぐらいのものを選んでおいて問題ありません。

いずれの色でも無地でデザインがベーシックなものを選べば、それぞれ着回ししやすく、どのような状況であっても対応できるスーツ選びができます。無地だけでなく、幅の小さいストライプ柄も、男性同様選択肢に入れて構いません。

最も無難な濃紺色(ネイビー)の中にも、色合いには種類・幅があります。自分の髪の色や顔の色などに応じてフィットするようなものを選ぶようにしましょう。細かい色合いのバランスなどは、スーツ屋の店員さんと十分に相談しながら選ぶと間違いがありません。

スカートスーツとパンツスーツ、どちらにするのかは、職場の服装規定に合わせましょう。特に決まりがない場合には、どちらを選んでも構いません。パンツスーツですと、アクティブな印象を与え、「デキる女性」といったイメージになります。スカートの場合には、膝が少し見える程度の丈のものを選ぶのが一般的です。

リクルートスーツはOKなのか(男女共通)

入社式や新人研修の期間などは、フレッシュさが際立つリクルートスーツを使っても構わないとされています。実際、半数近くの人がリクルートスーツを入社式などで着ているのです。

しかし、黒色が基調のリクルートスーツは、普通のビジネスの場面では雰囲気にそぐわないとされています。研修を終える段階をめどに、リクルートスーツから新しい仕事用のスーツに変えていくようにしましょう。

入社早々、会社の外の人と接する機会がある職種の場合、リクルートスーツではなく仕事用に新調したスーツを着用するようにしましょう。

頭の固い人の中には、「新入社員はリクルートスーツで出社すべきではない」と考えている人もいます。社風にもよりますが、昔堅気の人が多い会社では、リクルートスーツでの出社を控えるようにするといいでしょう。周りの目が気になるという方は、最初からリクルートスーツをやめ、仕事用に新調したスーツを選んでおくと無難です。

何着もっているのが好ましいのか(男女共通)

スーツの着回しで余裕を持たせたい場合には、3着のスーツを用意しておくのが好ましいとされています。

2日以上連続して同じスーツを着ると、清潔感や身だしなみ上問題があるとされています。2着だけですと、日々の着回しができずに苦労してしまいます。「1日スーツを着たら2日休ませるのが良い」とも言われています。ですから、3着が一番ちょうどいい着数なのです。

ただし、営業職や接客業などの場合には、着回しをより頻繁に行う必要があるので、4着以上持っておくと安心できます。

新入社員スーツの価格相場と選び方まとめ

以上、新入社員スーツの価格相場や、選び方について紹介してきました。

新入社員スーツの料金・価格相場は2万円~3万円程度となっています。

選び方については、目立たないベーシックな色や柄を選び、3着以上を準備しておくのが基本です。

いかがだったでしょうか。
新入社員の方のスーツ選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました