相続手続きを司法書士に依頼する場合の費用の相場と選び方・安くする方法

士業関係依頼

司法書士の料金・報酬体系は自由化が進んでおり、事務所によって大きく設定が異なっています。

そのため、依頼しようとする事務所が適正価格でサービスを提供しているのかどうかは、なかなか確認しづらくなっているのが現状です。

とはいえ、手続・業務ごとにある程度の相場が形成されていますので、相場を知り、見積りなどを取ることで適正な価格で依頼することができるようになるのです。

この記事では、相続手続きを司法書士に依頼する場合の料金相場について紹介していきます。適正な価格を知るための助けとなるはずです。さらに、司法書士の選び方や安く済ませる方法についてもコツを紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

相続手続きを司法書士に依頼する場合の料金相場

相続手続きを司法書士に依頼する場合、どれくらいの費用・料金が必要となるのでしょうか。

以下では、相続手続きを司法書士に頼む場合の相場について紹介をしていきます。

相続手続きと一言にいっても、さまざまな手続があります。今回の記事では、税理士への依頼が必要な相続税が発生する場合の処理については紹介しません。

相続放棄や、遺産分割協議書の作成、そして各種の名義変更や相続登記などが、司法書士に相続手続きを依頼する場合の業務内容となります。

相続手続き全てをまとめて司法書士に任せる場合、5万円~20万円程度の依頼料金が必要になります。

登記の際に必要になる登録免許税や手続手数料などを除いて、この価格です。

相続登記だけでしたら5万円~10万円程度で依頼できるのですが、その他の手続の費用も割とバカにならないのです。

以下、各事務所ごとの具体的な料金についてみていきたいと思います。

ひかり相続手続きサポーター(ひかり司法書士法人)の場合

東京・京都・大阪・福岡に事務所があるひかり相続手続きサポーターの相続登記一括パックの場合、68,000円の報酬で手続を進めてくれます。このパックでは、不動産の名義変更と戸籍収集をしてくれます。

相続放棄手続の場合、30,000円の費用がかかります。第2順位の相続人の場合は、半額の15,000円となります。遺産分割協議書を作成する場合、1通につき15,000円です。

ひかり司法書士は全国各地に事務所がある大手事務所ですし、分かりやすい料金設定をしているので、安心して任せられる事務所だと言えるでしょう。


(※ひかり相続手続きサポーターより料金抜粋)

中日本司法書士事務所の場合

中日本司法書士事務所の相続登記サポートの場合、95,000円~の料金で、不動産の名義変更に必要となる書類の収集から提出代行まで相続登記を完全にサポートしてくれます。

遺産に不動産の他、預貯金や有価証券などが含まれていた場合には、「相続手続フルサポート」パックで180,000円から依頼を受け付けています。

遺産分割協議書の作成は30,000円~。相続登記(不動産の名義変更)の場合は、40,000円など、細かく料金設定が分かれており、明朗な料金体系となっています。


(※中日本司法書士事務所より料金抜粋)

相続手続きでの司法書士の選び方

以上、相続手続きを司法書士に依頼する場合の料金について紹介してきましたが、以下では、司法書士を上手に選ぶためのコツ・ポイントを紹介していきます。

相続に強い司法書士なのかどうか実績を確認する

司法書士の業務は実に多岐にわたっています。相続手続きで司法書士を依頼するのであれば、相続手続きに強い事務所を選ぶ必要があります。「相続に強い」司法書士なのかどうかが非常に大事になってくるのです。

ウェブサイトなどで事務所の経歴・実績などを確認してみるようにするといいでしょう。サイトを確認しても出てこない場合、電話や相談で聞いてみるといいでしょう。経歴・実績は隠すようなものではありませんので、こころよく答えてくれるはずです。

相談で人ととなりや相性を確認する

司法書士に相続手続きを依頼する場合、司法書士と依頼者(自分)との相性が思いのほか大事になってきます。「この人苦手だな」と思ったまま依頼すると、コミュニケーションが十全とならず、思わぬトラブルが発生してしまうこともあります。

司法書士選びの際には、司法書士と自分との相性を必ず相談などの業務の中で確認するようにしましょう。相談料金は60分で1万円程度ですし、司法書士を見定めるための費用としては決して高いものではありません。中には初回相談無料となっている事務所もありますので、そのようなサービスをフルに活用して、司法書士を見定めていくといいでしょう。

司法書士にかかる費用を安くする方法

以上、司法書士の料金相場や選び方を紹介してきました。以下では、相続手続きで司法書士に依頼する場合にかかる費用を安くする方法についてご紹介いたします。

複数の司法書士から見積りを取り安い事務所を選ぶ

司法書士事務所は全国至るところに存在し、多数の事務所が軒を連ねています。司法書士の料金設定は事務所によって異なっていますので、司法書士選びの際には複数の事務所で見積りをとって、どれくらいの費用が必要になるのかを調べる必要があります。料金をより安くしたいのであれば、多数の見積りを取るのがポイントとなってきます。

1社1社ずつ見積りを請求するのは地味に大変な作業です。そこで、比較bizの一括見積サービスのようなものを活用するといいでしょう。比較bizは無料で全国各地の司法書士の見積りを請求することができるサービスです。


(※比較bizより抜粋)

近くの司法書士事務所にこだわらず探す

良い司法書士事務所が、近所にないと困っている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、最近の登記業務は電子データ化されているので、全国どこでも申請をすることができます。近くの司法書士事務所でなく、遠方・遠隔地の事務所に仕事を依頼することも不可能ではないのです。遠い事務所であっても、仕事を受け付けてくれる場合がありますので、電話などで問い合わせてみるといいでしょう。

ただし、遠隔地の事務所に依頼した場合、書類のやり取りを郵便で行わなければならないなど、不便な点もでてきますので留意しておくようにしましょう。

自分でやってみる

相続登記は、司法書士に任せないと処理できないと考えている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、時間と手間・労力をかければ自分でもできないわけではありません。法務相の無料相談サービスなどもありますので、それらを活用しながら自力で相続手続きを済ませてしまうというのも一つの手です。

ただし、慣れない作業を自力で、平日の昼間などにしなければならないので、時間がない方はやはり専門家の司法書士に依頼する方がいいでしょう。自力でやる場合、ある程度の覚悟が必要となってくるのです。

相続手続きを司法書士に依頼する場合の費用の相場と選び方・安くする方法まとめ

以上、相続手続きを司法書士に頼む場合の料金相場と、司法書士の選び方・費用を安くする方法について紹介してきました。

司法書士を上手に選ぶためには、司法書士の実績がどのようになっているかを調べたり、相談して人となりや自分との相性を確認したりする方法があります。

相続手続きで司法書士にかかる費用を安くする場合、複数の司法書士事務所から見積りを取り比較検討したり、近くの事務所にこだわらず遠方の事務所まで候補に居れたり、自分で手続を進めてみたりする方法があります。

いかがだったでしょうか。
相続手続きにおいての司法書士選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました