就職祝いのプレゼントの価格相場と選び方

ビジネスマナー

親族や知人・恋人などが就職した場合、就職祝いを渡すのが慣例となっています。

しかし、どれくらいの価格のものを贈ればいいのかなど分からない点が多く困っている方もいらっしゃることでしょう。

そこで、今回の記事では、就職祝いのプレゼントの価格相場について紹介していきます。就職祝いのプレゼントの選び方のポイントやオススメの商品やについても紹介いたしますので、ぜひ最後までお読みいただき参考にしてみてください。

就職祝いのプレゼントの価格相場:関係性により5,000円~50,000円

カタログギフト会社のハーモニックによると、就職祝いのプレゼントの金額は、相手と自分との関係性によって異なっています。

自分の子供の場合には30,000円前後をプレゼントする方が多く、孫の場合にはさらに奮発して30,000円~50,000円のものを贈る場合が多くなっています。

兄弟姉妹が就職した場合には、20,000円~30,000円がプレゼントの相場となっています。甥や姪の場合には、10,000円~20,000円程度です。

親戚以外の友人や知人、恋人などの場合ですと、5,000~10,000円が価格相場となっています。

関係が近いほど多くの金額をあげる傾向にあるのですね。

もちろん相場よりも高い金額のものをプレゼントしても構いません。ただし、多数の親戚などが就職した場合、特定の誰かのみに高いものをあげるというひいきはしないようにしましょう。

いがみ合いの原因となってしまいかねません。

【就職祝いのプレゼントの価格相場】
自分の子:30,000円前後
孫:30,000円~50,000円
兄弟姉妹:20,000円~30,000円
甥・姪:10,000円~20,000円
友人知人や恋人:5,000~10,000円

就職祝いのプレゼントの選び方

就職祝いのプレゼントはどのように選べばいいのでしょうか。以下、就職祝いのプレゼントの選び方のコツ・ポイントについて紹介していきます。

ビジネスや会社で使うものを贈る

就職祝いでは、ビジネスシーンで活躍したり、会社の中で実際に使ったりできる商品を贈るのが一般的です。日常生活で使うものを贈ると、「就職祝い」との意味合いが薄れてしまいます。

名刺入れなど、ビジネスシーンで実際に活用するものや、タンブラーなど会社の中で活用できるようなものをあげるようにすると喜ばれます。

手の届きにくい物をプレゼントする

就職祝いのプレゼントでは、少し欲しいけどなかなか手が届かないような商品をプレゼントするようにするといいでしょう。

たとえば、革靴やスーツなどは、プレゼントされるまでもなく自分で購入するケースが大半でしょう。それよりも、名刺入れやハンカチ・ネクタイなど、自分ではなかなか揃えづらいようなものをあげた方が、カブりがありませんし喜ばれます。

仕事用品の場合、ベーシックが基本

名刺入れやネクタイ・定期入れなど、仕事に関連するものをプレゼントする場合、あまり派手なものとなると新入社員にふさわしくありません。新人なのですから、あまり目立たないベーシックなデザインのものをプレゼントするのが基本となります。

ベーシックでシンプル、目立ち過ぎない、という観点からモノを選んでいくようにしましょう。

ハイブランドは避ける

ヴィトンやプラダなど「ハイブランド」と言われているブランド物は避けるようにしましょう。新入社員からハイブランドを身に着けていると、ひんしゅくを買ってしまうことがあるからです。

ハイブランドはマウントをとるためのアイテムとされており、新人のうちから周囲にマウントをとっていると目を付けられてしまいかねません。

ただし、ブランド物だからNGというわけではありません。ポールスミスやポーターなど、そこまで高級品ではないブランド物でしたら、新入社員でも安心して使えますのでプレゼントに最適です。高くなりすぎないブランドものを選んで贈るようにするといいでしょう。

カタログギフトを贈る

カタログギフトとは、カタログを贈り、もらった人がその中から自由に好きなものを選んで受け取ることができるというタイプのギフトです。

たき新の就職祝い用カタログギフトのように、就職祝いに特化したカタログギフトも存在しています。何をあげていいのか分からないというような場合、カタログギフトを贈るのも一つの手段ですよ。

現金や商品券を贈る

就職祝いは、具体的なもののプレゼントでなく、現金のプレゼントでも構わないとされています。実際、就職祝いに現金をあげているケースは多数あります。

現金や商品券はちょっとあからさまだなぁと感じることも多いかもしれませんが、もらって困ることはありませんし、出費が多い時期ですから必ず喜ばれます。

現金払いにどうしても抵抗がある方は、上記で紹介したカタログギフトをチョイスするのも一つの手でしょう。

就職祝いのプレゼントにおすすめの商品

就職祝いのプレゼントには具体的に何を贈ればいいのでしょうか。以下では、就職祝いのプレゼントにオススメな商品の具体例をあげて紹介していきます。

ネクタイ

ネクタイは何本持っていても困ることはありません。新入社員の頃は、まだネクタイの本数があまりないので、プレゼントされると嬉しいものです。

ただし、カラフルだったり柄が目立ち過ぎたりするネクタイは、新人にはNGです。シンプルな線の細いストライプ柄や目の細かいドット柄を基本として選ぶようにするといいでしょう。

名刺入れ

ビジネスグッズの中でも、自分でなかなか良いモノを揃えづらいのが名刺入れです。しかし、ビジネスマンにとっては不可欠のアイテム。良質なブランド物(※ハイブランドではない)の名刺入れをプレゼントすると喜ばれること間違いなしです。

ブランドの名前が全面に出ているようなものでなく、隅にさりげなくあしらえてあるような地味なものを選ぶようにしましょう。また、素材はアルミなどはビジネスシーンではNGとされていますので、本革を使ったものを選んであげるようにするといいでしょう。

名入れした文房具

名前の入ったボールペンなど、名入れした文房具は、長く愛用できる商品として人気となっています。なかなか自分では高級品を買わない文房具だからこそ、プレゼントすると喜ばれるのです。

就職祝いのプレゼントの価格相場と選び方とオススメの商品まとめ

以上、就職祝いのプレゼントの価格相場と、選び方のポイント、オススメの商品について紹介してきました。

就職祝いのプレゼントの価格相場は、5,000円~50,000円となっており、関係が深いかどうかによってそれぞれ金額が異なってきます。たとえば、孫へのプレゼントなら30,000~50,000円、友人や知人へのプレゼントなら5,000円~10,000円が相場となります。

就職祝いのプレゼントの選び方としては、ビジネスシーンで活用できるものを選ぶ、なかなか手の届きづらいグッズを選ぶ、ベーシックでシンプルなデザインを選ぶ、ハイブランドは避けるなどのポイントがあります。カタログギフトや現金をプレゼントするというのも一つの手段です。

就職祝いのプレゼントに贈りたい品としては、ネクタイや名刺入れ、文房具などがあります。自分でなかなか揃えないものを選んであげると喜ばれるでしょう。

就職祝いのプレゼント選びの参考となったのであれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました